2015年07月20日

安保法案〜安倍自公の独裁を援護する今度は松本人志。それを話題にするマスゴミ。それで国民はタレントが言うことを認めるの?

犬丸勝子イヌマルミツカ


昨日はつるのとかいうタレントが、次はお笑いタレントの松本人志さんが「安保法案」必要と言う記事が載る。


その理由は?


気になったので中を見たのだが。すると、


交通事故に例えて主張「当て逃げされますよ」〜なんじゃこりゃ〜?


まるっきり、安保法案を理解してない、稚拙な内容。


この程度の内容の文言を大きく取り上げて、安倍安保法案を肯定しなければいけないとは、情けなくないのだろうか。


 そもそも、そのような当て逃げとかいう次元を問題にしているわけではない。


この法案の国会審議を問題にする必要もある。


しかし、今回の大きな問題は安保法案の中の「集団的自衛権」の行使が盛り込まれたことが問題なのだ。


集団的自衛権と単なる自衛権は全く異なるのだ。


手っ取り早く言うと、単なる自衛権とは敵が日本に攻撃してきたときに、防衛をすることだ。


しかし、集団的自衛権とは、敵が日本に攻撃してきてないのに、アメリカが攻撃を受けたときに、日本がアメリカの敵に対して「宣戦布告して戦い始めること」なのである。


すなわち、日本が攻撃を受けていないのに、日本から戦争を始めることになる。これが集団的自衛権であって、日本の自衛のためではないのである。


日本は戦争を起こす国になるのだ。


このことから、たくさんの問題が発生するのだ。そのことを、松本さんはわかっているの?


 「日本国民が戦争を相手に仕掛けていく」法律を安倍さんと自民党と公明党とそれに陰で賛成している野党議員で作ってしまったのだ。


これは憲法第9条に反してないということは絶対に言えない。


これがわからない人は主権者国民として選挙権を持つのは止めてほしい。主権者になる判断力を有しているとはいえない。


それと、この安保法案は日本のためにはならない。


安倍さん自身がそのことを知ってるはず。安倍さんがアメリカ議会で演説した時の言葉を、松本さん聞いた?


安倍さんのスピーチについて、NHKの全文を読んだだけだけど、それによると、これらは


「日本のためには使いません」と言ってる。安倍さんのこの安保法案は日本のためではなく、アメリカの国を守るための法案とはっきりとアメリカ議会で英語でスピーチしたのだ


世界中探してこんな酷い国民のためにならない首相がどこにいる?


安倍という日本の不当選挙で出来上がった議員の不正内閣の首相だけでしょ!


芸能人や、有名と言うだけで、その人たちが発した言葉によって国民が動かされるとしたらこの国は終わった。


追伸、松本さん、あなたのたとえ話は間違っている。シリアスな問題を発言するなら適格にたとえ話が言えるように勉強して。社会は芸能界でもないし、お笑いの世界でもない。突拍子もないことをして、驚かせて大金を稼ぐ人だけが発言権を有しているわけではない。

posted by 東京92 at 02:19| Comment(22) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

百田氏の言論封鎖問題がニュースから消えた。でも重大なのでこれに関わる人脈関係をのぞいてみましょう。

犬丸勝子イヌマルミツカ


百田氏の言論封鎖問題がもうニュースから消えた。しかし、今度は、その関連の深い石原氏がフジテレビで「橋下氏は衆院選出馬を」 政界再編、将来の首相に期待と、まだ言ってる。実に迷惑なことではありませんか?ある人は橋下氏のことを「構成成分、嘘100%」だから、「言ったことは全部嘘だ」と言います。みんなそのように未透視なのです。しかし、このような嘘100%の人物を政治のトップになぜしなければいけないのですか?


 石原氏がまだこのような発言をするということは、橋下氏中心の政界再編計画はまだ消えてないようです。


みなさん心してかからなければなりません。

なぜなら、橋下氏中心の政界再編とは、民主主義を奪い、戦前の大勢翼賛と同じで、政党はただ一つの独裁国家なのだからです。


 その証拠の人脈関係を少し書いてみますね。

もう多くの方がご存じだとは思いますが、再確認してみてください。

まず、百田氏は安倍首相と最近共著で本を出版してます。凄く仲が良いことが伺えます。


その百田氏は故やしきたかじんさんのノンフィクション本を出版してます(この本は嘘が書いてあると言うことで訴訟になってますが)。故やしきたかじんさんは橋下氏が大阪で立候補するかどうかを決める際に「故やしきたかじんさんが出馬を後押ししたから出る」というようなことを言ってます。


(以下面倒なので敬称を略させてもらいます)

安倍→百田→故やしきたかじん→橋下、この四人はどう見ても親密な関係ですね。

次に石原、橋下は、元維新で一緒です。深い関係ですね。

のちに、石原は次世代の党に分かれ(なぜ別れたの?)、都知事選で石原は元自衛隊の田母神を推す。そのとき、応援演説で百田が登場。

ここで、百田→田母神→石原が仲間であることが明らかです。


ちなみに、この次世代の党ですが、自民党時代からのタカ派(極右)の集まり。現在、平沼が党首。この平沼の祖父の兄は戦前の昭和天皇のとき内閣総理大臣で、近衛第2次内閣の閣僚であったため、A級戦犯として訴追される。終身刑の判決を受け、獄中で死去したという、ここでもなぜか戦前の戦争関係者の世襲政治家なのです。


橋下と自民党の関係は、維新や次世代の党よりも密度が濃いかもしれません。

その理由は、橋下は子供をたくさん持っている。そのことで、福岡県の自民党議員は橋下が政界に入る前にコンタクトをとっています。その時、福岡県の県会議員に百田と一緒に言論封殺で問題となった井上は県会議員であり、橋下と当然面識があるはずです。


橋下→井上→百田。日本人にとって不快なつながりがはっきりしてきますね。


それから、井上ですが、面白いものをネットで見つけました。

あの麻生さんとのコラボです。

昨年、いきなり衆院選になりましたが、その3か月前に井上の政治資金パーティー(1万円)と思われる会に講師として麻生太郎が参加してるんです。


inoueandaso.png

麻生と言えば、「ナチス政権下のドイツでは、憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わってナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わった。あの手口、学んだらどうかね」と言った人物です。


この麻生の愛弟子が井上なのです。

井上の言動は麻生に続くってことでしょう。

(ちなみに、今、福岡は山笠があってます。この山笠、実は祇園祭なのです。この山笠の時はきゅうりを食べないというのですが、なぜそうなったのかというと、最近は何でも秀吉に結び付けて、「秀吉の家紋に似ているから食べてはいけない」とか本当のような嘘を平気で言います。

この博多山笠は鎌倉以前からあるものです。秀吉は数百年後に出現した。しかも数十年間しか存在しなかった人物。その人物が歴史のすべてを作れるはずがありません。

今の戦後の山笠の形にしたのが井上の祖父とのことです。どこかに銅像も作っているということです。実に迷惑です。真実を知らない人がどんどん歴史を歪めていく。そのことは、また、お話しますが)


橋下に戻りますが橋下のブレーンが、最近知ったことによると、


大前研一のいたそうです。この人物、新自由主義で安倍と同じなのです。しかも、韓国重視。橋下の慰安婦問題の発言もどうも、やらせ発言のにおいがしますね。


さらに、元々韓国人のソフトバンクの孫は維新支持だから橋下支持なのですね。余談ですが、楽天の三木谷は民主支持と書いてあります。そして、迷惑なことに麻生と孫は一緒になって日韓トンネルを勝手に掘っています。

韓国と日本を繋ぎたがっています。

(しかし、ちなみに、韓国が消えると困ります。なぜって?そうなると北朝鮮しか残らない。韓国と北朝鮮は今はまだ朝鮮戦争が終結していない「停戦」状態。だから、韓国が消えると北朝鮮体制になってしまう。そして、日本が憲法を自民党憲法に改正すると日本は北朝鮮体制と類似か同じになってしまう。そして、掘ってるトンネルがつながる国は北朝鮮となる。それは困ります。)


そして、大阪維新の生みの親が元通産官僚で作家の堺屋太一。この人物は、今も続けているかどうかわかりませんが、安倍内閣のブレーンの一人です。


もっともっと書きたいのですがとりあえずここでまとめますと


安倍→故やしきたかじん→橋下→石原→平沼→田母神→百田→井上→麻生→孫→大前研一橋下→・・・・・・ずっと切れ目なく続く関係です。

(そうそう、言い忘れるところでした。橋下の後援会長は麻生セメント特約店の会社社長の妻だと言われていいます。本当でしょうか?とすると、麻生がアメリカで水の民営化を約束し、大阪市が水の民営化を決定しました。これは〜問題です)


だから、政界再編などと言いますが、再編とは、今の政治家の組み合わせを変え、政党名を変えるだけのことなのです。中身は全く変わりません。それどころか、再編して、更に憲法や法律を改悪しやすくなるように選挙も改悪するわけですから日本人は非常に更に苦しくなるわけです。

しかし、そのようなことも解らず、マスコミが、「政界が再編されて新しくなりました。」といえば、ある人の言葉のようにIQゼロの国民がそれを疑いも無く信じ、疑問もなく、家畜を続けるという筋書きなのです。

このようなことを許せますか?私たちは許せませんよね。


ではこれに気が付いて、この橋下中心の政界再編をストップしようとしたら、家畜と言われる国民はおそらく社会共産に投票するでしょう。それが、また、敵の手なのです。


なぜなら、前述のとおり大勢翼賛で政党はわかれていても、

右から左まで演技を演じているだけなのですから、既成の政党、議員は右から左までみんな仲間なのですから共産党に投票しても良くはならないのです。


その証拠に、みんな誰一人として「不正選挙」を言わないでしょ!

各選挙管理委員会のメンバーは今の政党関係者で、東京にあっては民主党の関係者が選挙管理委員長なのです。

日本の今の政治家は信念があって政治を行っているわけではないないのです。


日本では、極右から極左までジャパンハンドラ―によって操られる、単なる会社のサラリーマンと同じ意識と役割なのです。


ですから、「今度は自由民主主義ではなく、社会共産主義でいくから、その演技の準備を」とハンドラ―から命令されると、それに従順に従うのです。


橋下という極右にめちゃくちゃさせたら、国民はもういやだと思い、今度は「社会共産主義」を選ぶ(それに投票するしかないとマスコミが宣伝するから)。マスコミの先導通りに投票してしまう。


そして、橋下のメチャメチャのあと、じゃ〜んと共産党が民主主義の顔をして登場する。しかし、そこには民主主義も自由もありません。


(現在の日本の共産党の党首選びは選挙がないということです。また、共産党は世襲で地位が決まるそうです。親が高い地位だったら子も高い地位と聞きます。)


社会共産主義は現在の日本国の体制とは異なるため、絶対に憲法改正が必要になります。共産党が政治をすれば、左回りで、天皇は社会共産主義の国家元首の役職名である国家主席となります。


一方、橋下をまかり間違えて首相にでもしたら、憲法改正して、天皇を国家元首にし、しかも、天皇に憲法尊重擁護義務を無くすことははっきりしているのだから、右回りで、天皇は絶対王政の独裁者になります。


もしかしたら、橋下の憲法改正した後に、共産党の登場だと、共産党政権で、北朝鮮と同じ独裁政治体制にしやすくなりますね。


結局、ジャパンハンドラ―は日本の民主主義を奪い、独裁国家にして、コントロールしたがっています。

それにしても、なぜ、日本をここまでコントロールしたがるのでしょうか?

ジャパンハンドラ―の正体は?一体誰なのかでしょう?


とにかく、みなさま、国会前に集結も良いのですが、国会の中に政治家として終結しましょう。そのためには、不正選挙を何とかしなければなりません。

続きを読む
posted by 東京92 at 02:45| Comment(6) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

安保法案をはじめ、幼稚な安倍政権の言動で日本人をうんざりさせる。裏に潜むのは?「日本社会共産主義国家」誕生をもくろむジャパンハンドラ―?

犬丸勝子イヌマルミツカ

国立大学から文系学部を廃止するという。


この件でJNNの記事があった。


それによると、「ロシア(社会共産主義)では、トップがゴルバチョフを除き、全員が理系だという。」なぜそうなのか。「体制に対して文系は批判するが、理系は批判しないから」と言う理由らしい。


どうやら、日本の未来は「社会主義」へ向かっていることが明らかになってきた。


 だが、多くの人はそうは思わないのでは?


むしろ、その逆で「安倍独裁」で社会主義の真逆だと思っているだろう。


しかし、そのように思う人は「歴史」を知らない人。


あの独裁者「ナチス、ヒトラー」は軍人でもなければ、王でもない。社会主義者であり「国家社会主義ドイツ労働者党」の党首から「ドイツの首相」になり、独裁者になったのだ。


 だが、「安倍さんは社会主義者ではない」なぜ、このままいけば日本が社会主義国家になるというのだ?と反論する人がいるかもしれない。


 今年の春に国会に出されている「民法の大改正」130年ぶりとか言って喜んでいる人がいるようだが、そのちょっとした改正部分にも手がかりがある。


民法で決める「金利」。金銭賃借(お金の貸し借り)などの契約を交わした当事者同士が金利を特に定めなかった場合に適用される「法定利率」のことである。この金利を法務省令で定め、年5%から3%に下げ、市場金利の変動を踏まえて3年ごとに1%刻みで見直す改正の内容になっている

(ちなみに、最初に5パーセントから3パーセントに下げる。金利が下がるからまるで国民のためのような改正と思うだろう。

しかし、現在は「異次元緩和」というように、史上最低の金利である。これからの将来は、金利が下がることは考えられず、むしろ、上昇していくだろう。とすると、この法改正は金利上昇を見据えたうえでの、悪質な改正)。


本来、自由経済の中の金利を行政が3年ごとに決めるということは有り得ない。

個人の経済活動は自由主義社会では本来自由である。民法で決めるのと内閣、行政が決めるのとでは根本的に異なる。それを国会を通さないで法務省令などで決めるということは国家、政府、行政がコントロールするということではないのか。民法が社会主義国家に進行し始めた。自由主義しか知らない私は恐怖だ。


(※ここでいう社会主義とは、歴史的にも社会主義を掲げる主張は多数あるため、共産主義、社会民主主義、無政府主義、国家社会主義なども含む)


 しかし、日本は「天皇制があるから、社会主義や共産党にはならない」と高をくくっているかもしれない。


ところが、維新の橋下氏と自民党の憲法改正案は「天皇を国家元首」と断言している。

国家元首とは「政治権力のトップ」のこと。選挙で選ばれない人が政治のトップになる。


今の天皇は「象徴で、政治的権能を有しない」となっていて政治のトップではない。しかも現行憲法では「天皇には憲法尊重擁護義務」が課されているが、自民党の憲法には「天皇の憲法尊重擁護義務」が削除されている。つまり、橋下氏や自民党が目指す憲法改正は「天皇が誰にも何にも従わない独裁する絶対王政」を目指している。


そして、この天皇という文字を社会主義の国家元首の役職名である「国家主席」という文字に置き換えると、事実上、あの社会主義の北朝鮮の金(キム)国家主席と同じ立場になるのだ。


(かつて日教組で強大な権力を有していた故槙枝委員長は北朝鮮の金日成国家主席を崇拝し、蜜月の関係だった)


そして、自民党憲法改正案の「非常事態宣言」を加憲すれば、災害や戦争で非常事態宣言を発令したとき、それまでの法律がすべて停止し、国が決める規範に日本人は全員従わなければならない。その間は選挙も無い。戦争や災害が続く限り選挙は無い。国家による独裁がいつまで続くかわからない。


 今、国会で安保法案で実にくだらない幼稚な政府の答弁が続いている。実に情けない。そう思う人は多いことだろう。


それが、また、ハンドラ―による「手」なのではないだろうか。(アメリカでさえ、社会共産主義のキューバのカストロ政権と急速に歩み寄っている)。


情けない政府与党。それと、生活苦の多くの日本人を作り出し、日本人に「もう嫌だ。自由経済。情けない政府」と思わせ、その反対の「社会共産主義に近い政党」を選ぶように仕向けて行く。


そして、最後には、日本社会共産主義が誕生するというシナリオ。

まるで「ナチスヒトラー誕生」と同じ流れ。


 今の与野党は、そろって「ジャパンハンドラ―の書いたシナリオ」の役割を演じている?


安倍独裁、暴走で、一番ほくそ笑んでいるのはまさに「共産党」。余裕の答弁で、政権を担うつもりでいるようだ。


麻生さんの選挙区では麻生さんの対抗馬は共産党だけだった。


なぜこんなことをしたのか?麻生さんや鳩山由紀夫さんのかつてのブレーンは共産党の故宮本委員長の長男である。


更に、この長男の家庭教師だったのが現在の共産党トップの志位さんだという。

安倍さんの母方の祖父岸信介は反共産党と表向きはそうなっている。


しかし、考えてみればA級戦犯の岸はGHQ(アメリカだけではない。連合国の中にはロシアも中国も入っている)の後押しで戦後政治家になり大きな力を得た。


一方戦後の共産党のトップ宮本委員長もまたGHQ、マッカーサー、アメリカにより獄中から解放され、戦後に地位を築いた。岸も宮本もGHQのコントロール下にあったことは間違いない。


しかも、両者とも、山口県の熊毛郡出身である。


(ちなみに、岸信介は、共同通信などによると、読売の正力松太郎などとともに米国中央情報局(CIA)から資金提供を受けていたとされる。2007年に米国務省が日本を反共の砦とするべく岸信介内閣、池田勇人内閣および旧社会党右派を通じ、秘密資金を提供し秘密工作を行い日本政界に対し内政干渉していたことを公式に認めている)。

(確か故池田首相の孫は遠藤宜彦氏。総務省官僚だったが、小泉首相の時に福岡から出馬して比例で復活当選した。その後、維新に移動し、次世代の党公認で千葉から出馬した。なぜかネットでは遠藤宜彦氏を故池田の孫と書いてないが不思議でならない。間違っている情報なのだろうか)

また、蛇足だが、岸の出自に関して、天文24年(1555年)毛利元就が陶晴賢と厳島沖で戦って大勝を収めた際、寝返って毛利方についた船の調達人が“ガン”と称する帰化人であったという。周防長門を手中におさめた毛利は、その功績によって“ガン”を田布施周辺の代官に召し立てた。さらには、自民党で何度も首相になった故橋本龍太郎も親類だという。「ウィキペディアより」


これによる安倍さんの祖父岸信介は毛利につながる「帰化人」だったことになる。)


また、元細川首相の祖父近衛文麿も社会主義に傾倒していた。ヒトラーとの同盟も結んだ(またまた、ここで、蛇足だが、近衛文麿の元々の苗字は近衛ではなく前田氏であるという)。


こうして、みると、日本には社会共産主義の関係者だらけ。


民法改正も何年も前から麻生さんが欧州との間で「民法の改正」を約束したというニュースがかつてあった。


その欧州の現在では世界を賑わすギリシャも左翼の急進派首相。


これから、どんどん、欧州は社会主義体制に傾斜していくのだろうか。


ジャパンハンドラ―は、経済だけの支配では満足できず、自らコントロールしてきた日銀を自らで潰し、国を社会共産主義国家にし、直接支配がしたくなったのか。


現在の表面上の出来事を鵜呑みにすると、自分が一番忌み嫌う結果に結びつくことになる。物事を単純に表面上だけ見てはいけない。


日本はいつごろからか、ジャパンハンドラ―により操られていた。過去の日本の忌まわしい記憶の一つである「敗戦」は、こうした帰化人と連合国の暗躍によるもので、帰化人である岸信介が一時的にA級戦犯として「投獄」されたのも「演技」だったのか。

posted by 東京92 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする