2016年05月15日

公立学校のトイレ利用「本人が認識する性で」、オバマ政権が通達というニュース〜全く迷惑なことだ。

犬丸勝子イヌマルミツカ

オバマ米政権は13日、米国内の公立学校に対し、体と心の性が一致しないトランスジェンダーの人々が自身の認識する性と一致するトイレを使うことを認めるように求める指針を通達した。

今、移動中で高速道路のサービスエリアのトイレの前でこの記事を見た。
そして思うこと。
いつもはすべてが男なのに、このトイレに「今だけ女」という、誰が見ても男が、女性トイレに入る。
「本人が認識する性で」とは、そういうことでしょ!

こんなことを大統領が通達することだろうか。

そもそも気づくと少数の希少性のある問題を取り上げては、その問題を解決するためにと、多数者に犠牲を強いる。希少性のある人を普通の人の上に位置づける。

まるで、普通の多数者は価値がなく、希少性のある人物のほうが価値があるかのように、多数者の上位に持ち上げる。

この考え方だと、普通の多数者の人権は低く、希少性のある人物の人権は高い地位に置かれることになる。
結果的に、普通の人が国家権力によって、人権を奪われ苦しめられる。

このような現象は今日の日本に置いても同様で、人権という名の下に多くの普通の人の人権が低く見られ、特殊なハンディキャップを有する人の下に置かれている。

例えば、もうすぐやってくる参議院議員選挙の候補者選びでも、既成政党が選ぶ目玉は、普通の人ではなく、「希少性のあるハンディキャップを売り物にするメディア関係者」である。

知らず知らずのうちに、多くの普通の人々は、希少性のあるハンディキャップを有する人の劣後に置かれてしまった。

このような希少性のあるハンディキャップを有する人のために、普通の人を犠牲にするやり方は「正しい人権」とは言えない。

オバマ大統領は「性同一性」というきわめて希少性のあるデリケートな問題では、まるで素晴らしい人権の人のように教書を送った。

しかし、オバマ政権のときに起きたシリア問題では、戦いをやめない。

大統領という地位にいても、「すべてが正しいことを行う」わけではない。

ところでこのようなことをアメリカがすると、「はいはい、日本もします」と全く躊躇無く日本の政治家や知識人を装う変人や、目立ちたがりやの学者、研究者などがいるから困るのだ。
このように公立学校のトイレを普通の人にとっては「安心の無い、恐怖の場所」にしてしまう大統領の教書は「普通の人が国家権力によって人権を奪われ」苦しめられる結果となる。


もうすぐ大統領の任期が切れ、普通の人になる日が近いオバマ氏の普通の多くの人たちへの嫌がらせの置き土産なのか、それとも
アメリカにはお金がないから、公立学校のトイレを「性同一性」の人の人権問題のように見せかけて、私立学校に行かせるように、実は、公的費用を使う公立学校を少しでも減らすための方策なのか。

何れにしても、人権の名の下に多くの普通の人が困ることをするのは許されないのではないだろうか。


posted by 東京92 at 00:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「盲学校女教師(戦前の教師)が語った釈尊の大慈悲の教え」

久昌通信223号から転載します。

www.tamano.or.jp/usr/kyushoji/tushin/223.html


久昌通信223号(平成28年6月号)
 

本物の『5』

そろそろ梅雨の走りかと思わせるような天気が続いています。以前は「体調をととのえるのが難しい時期です」などと言っても、はんぶん人ごとのように思っていたのですが、そうでもなくなってきた今日この頃です。


 5月下旬に、岡山の曹源寺でおこなわれた住職研修会で、岡山盲学校の元教頭先生・竹内昌彦(たけうちまさひこ)氏の講演を聴きました。竹内氏は小学校高学年の時、完全に失明、その後の様々な困難も、本人の負けん気とご両親はじめいろんな人達のおかげでそれらを克服、努力を重ねて教職に就かれたのです。素晴らしいご講演でした。


ご紹介したいことばかりなのですが、字数制限もあり一つだけにします。私に一番印象深かったのが、竹内氏が盲学校の中学一年生の時、先生から「あなたの5は本物の5ではない」と言われた、というお話です。


 中学生になってから、勉強が面白くなってきてよく努力するようになった竹内氏は、一学年の終わりに成績優良児で表彰されました。


もらった通知簿を自分で見ることはできませんから(目が見えないので)、担任の女性の先生に読んでもらう事になりました。「竹内君、よう頑張ったなあ。全部『5』がついとるよ。学校中でオール5はあなた一人だけよ。私も鼻が高い、ようやったわ」と、ここまでは賞賛の言葉であったのが、そのあとに厳しい言葉が続きました。「でもなあ、私から見ると、あなたの『5』は、ひとつも本物じゃないなあ。」


「あなたは、自分の成績だけよかったらそれでいいと思っとるじゃろ?あなたを見よったらそれがようわかる。勉強がわからん友達を放っとるじゃろ。今年は自分のことだけで精一杯だったと思うけど、来年は勉強がようわからんで困っとる友達に親切に丁寧に教えてあげなさい。それができたとき、あなたの『5』は本物になるんよ」

・・・この教えが、その後、自分の為だけでなく、人を喜ばせるために様々な努力をなさる竹内昌彦氏の基礎となったに違いありません。


転載終わり

___________________________


竹内昌彦氏は教師だけでなく鍼灸師の資格も持っておられますから、ご存じの方も多いでしょう。

haikei-takeuchi.jp/profile/

氏が盲学校中学1年のときの女教師担任先生のこの教えこそが、釈尊が説かれ給うた大慈悲の教えそのものであると思います。

澄明住職に先ほど電話してそう申したら住職も全くそのとおりだと教えて下さいました。



戦前に先生になった人はみな先祖代々正法仏教徒なのであるなあ、といたく感じ入りましたので、竹箒塵取和顔愛日本語CCへ投稿いたした次第です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

mail to 豊岳正彦 masa-ho@sky.icn-tv.ne.jp
「竹箒塵取和顔愛日本語フルオープンCC」

四正勤

これから起ころうとする悪は、起こらない先に防ぐ。
「悪を予防するFluワクチン皮内接種」

すでに起こった悪は、断ち切る。
「悪を断ちきる断捨離NHK解体廃棄」

これから起ころうとする善は、起こるようにしむける。
「竹箒塵取和顔愛日本語フルオープンCCネット口コミ三宝帰依活動」

すでに起こった善は、いよいよ大きくなるように育てる。
「三宝帰依仏心仏法日本国憲法を地球憲法にしましょう」


拈華微笑 不二院顧心正顔居士ほうがくしょうげん拝

・・・・・

以上、阿修羅へ投稿しました。
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/473.html#c53


以後HN通りがけは実名の戒名読みほうがくしょうげん拝となります。
Posted by 通りがけ at 2016年06月03日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック