2016年06月11日

熊本地震で熊本城が壊れ石垣修復にに354億円かかるというが、この城は元は大規模な寺。それ破壊し、観音様像などを石垣にして作った城なのに!

犬丸勝子イヌマルミツカ


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

熊本地震で熊本城に被害が出た。

石垣修復に354億円かかるらしい。


その修復にお金を出すといち早く名乗り出たのが

あの競艇の日本財団。別名笹川財団だった。


この城は1600年よりも少し前に建てた城。築城400年あまりである。


日本の歴史はわかっているだけでも、その程度の年数ではない。


にもかかわらず、たかだか、日蓮宗信仰だったと言われる加藤清正の名の残る城をここまで

国やその他大勢で修復騒動しなければいけない理由がわからない。


この城は築城からたかだか400年あまりにすぎないと上述した。


上述した意味は、400年前にそこには今の城ではなく、もっと古い文化文明があったということが言いたいのだ。


この城の前には、大伽藍のお寺があったのだ。


加藤清正はそこにあった建物や仏像を壊し、破壊した。


そして、それらを城の下に埋め込んだのだ。


過去には熊本城の石垣に仏教の文字が刻まれた石が見えていた。

現在はどうなっているのかわからない。


加藤の熊本城が上からどっかと乗っかり加藤清正が熊本城を築城する前の遺跡を見えなくしてしまった。

今回の地震で、石垣が壊れて加藤清正の作った城がボロボロになたとしても、国上げて大慌てする必要などない。

熊本城は加藤清正が破壊した遺跡の勢力からすれば、侵略者であり、破壊者である。

その加藤清正の作った遺跡だけを、国上げて修復し、加藤清正に破壊されたそれ以前の遺跡については、全く触れず、早く、石垣を修復し、再び、そこには何も無かったように急ぐのは違和感を感じる。


「なぜ、そんなに江戸時代前の遺跡を隠し、触れたがらないの?」と嫌みな質問をしたくなる。


加藤清正に石垣にされ、日の目を見ないように封じ込められていた、お観音様達が熊本地震で自らの力で少しばかり暗闇から姿を現された。


この機会に、熊本城の下に封じ込められた遺跡の調査を進め、加藤清正のお城だけではなく、その前の遺跡も保存すべきではないのか。


posted by 東京92 at 03:58| Comment(3) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

『地球仏国土建設竹箒塵取全世界公開メール』

長周新聞へ以下のメールを送信しました。

本日はネットに広くこのメールを拡散します。

また、大小を問わずマスコミ各社宛てにこれをメールしましょう。

日本中のメディアでこのメールが報じられるように、また世界中のメディアによって取り上げさせるように。

このようにして、私や皆さんの日本人一人一人が、和して同ぜずの銘々の仏心君子メールを発信するだけで、

戦争(核兵器)と原発の無い仏国土をこの地球に打ち建てることができるのです。


___________________宛先chosyu@k3.dion.ne.jp
2016年6月11日 8:48竹箒塵取和顔愛日本語フルオープンCCへのお誘い


拝啓 長周新聞殿

以下は、竹箒塵取和顔愛日本語フルオープンCCへの投稿メールです。

長周新聞さんもこのフルオープンCCへはいりませんか。

豊岳正彦 masa-ho@sky.icn-tv.ne.jpへ参加希望とのメール一本で参加できます。

退会もメール一本で随時随意可能です。

参加希望メールをお待ちしています。


以下の竹箒塵取和顔愛日本語CCメールは全世界に公開しています。

フルオープンだから著作権などありません。

つまり、このメールを長周新聞に限らずどこのメディアでも記事として掲載してもらっても全然問題ありません。

敬具

豊岳正彦拝


______________________


「テーマ :日本国君主は勤労納税国民である」

16:18 11.06.2016

本日六月一一日
首相官邸安倍晋三総理www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
ホワイトハウスオバマ大統領www.whitehouse.gov/contact#
スプートニク日本プーチン大統領jp.sputniknews.com/opinion/20160611/2292096.html
へ送信した地球仏国土建設竹箒塵取全世界公開メールです。

___________________


拝啓 プーチン大統領殿/オバマ大統領殿/安倍晋三殿

明治にイギリスフリーメーソン伊藤博文によって廃仏毀釈を目的に制定された大日本帝国憲法では、日本国の『君主』は天皇唯一人であり、天皇以外の日本人は老若男女全員『臣民』であるとした。

フリーメーソンが作った大日本帝国憲法の『君主』は、政教一致カルトの唯一絶対神であり、国家の大権を天皇唯一人が独裁執行し、『臣民』はみな現人神の奴隷であったが、日本の国はムー大陸時代以来の伝統の仏教国なので、天皇も臣民もみな仏教の教えのもとに仏心を抱いて相和合し、君臣一体の仏心慈悲布施菩薩行に努めた結果、政教一致カルトフリーメーソン一神教国家神道悪魔憲法の下にありながらも、世界中が刮目驚嘆した『東洋の奇蹟』を大日本帝国に於いて達成したのである。

昭和になって、イギリスフリーメーソン政教一致カルト天皇ヒロヒトが太平洋戦争で日本国仏教徒国民を大量虐殺して、フリーメーソン極東ロッジ最高位ダグラス・マッカーサーを日本国内に無条件で引き入れたが、仏教徒幣原喜重郎がフリーメーソン政教一致カルト大日本帝国憲法を破棄して、新しく日本国伝統の仏心仏法に基づいて政教分離の仏法帰依『日本国憲法』を制定した。

『日本国憲法』では、昭和22年文部省発行の(現在も有効な)「あたらしい憲法のはなし」*に記されたとおり、日本の国の君主として明治以来の天皇を廃して権力のないまた私有権利のない「象徴」とし、新たに、額に汗して勤労した結果得た利益の一部を国民みんなのために「憲法三〇条に従って納税する」主権者国民仏心菩薩庶民を、日本の国の新しい『君主』と定めたのである。

そして日本国憲法第一五条と最高法規第九九条によって、大日本帝国憲法の『君主』天皇に臣従して仕えた『臣民』を、日本国憲法では第九九条「天皇または摂政、および国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員」のうち、象徴である天皇を除いた「総理大臣、国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員」を、憲法一五条「2.すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。」として、『君主』主権者国民に臣従して奉仕する『臣民』下僕公僕と定めたのである。

すなわち、すべての公務員の長である総理大臣といえども、国民主権日本国憲法のもとでは、日本国君主主権者国民から税金で雇ってもらってご主人さま勤労納税国民に奉仕する召使い頭にすぎないのである。

憲法第一五条「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。」とあるとおり、日本国君主勤労納税主権者国民は、すべての召使い公僕「総理大臣、国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員」の『雇用と解雇』『採用と解職』について、日本国最高最強の『主権』を行使して、これを日本国憲法に従って自由に決定し公僕へ命令することができる。


これが、国政選挙の投票権行使が日本国最高最強の統治の大権の行使である理由であり、『君主』国民が揮う統治の大権『国民主権』の憲法根拠である。



また、『三権分立』については、「あたらしい憲法のはなし」*において、中学生にも理解できるよう平易に説明されてあるとおりである。



日本国憲法最高法規第九八条
「この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。」



*文部省「あたらしい憲法のはなし」www.aozora.gr.jp/cards/001128/files/43037_15804.html



以上の如く、日本国君主は勤労納税主権者国民である。


敬具  豊岳正彦拝

/////////////////////////////////////////////////////////

四正勤__仏教聖典(仏教伝道協会出版)

これから起ころうとする悪は、起こらない先に防ぐ。
「悪を予防するFluワクチン皮内接種」

すでに起こった悪は、断ち切る。
「悪を断ちきる断捨離NHK解体廃棄」

これから起ころうとする善は、起こるようにしむける。
「竹箒塵取和顔愛日本語masa-ho@sky.icn-tv.ne.jpフルオープンCCネット口コミ三宝帰依活動」

すでに起こった善は、いよいよ大きくなるように育てる。
「三宝帰依仏心仏法日本国憲法を地球憲法にしましょう」

拈華微笑 


南無釈迦牟尼仏

南無阿弥陀佛

///////////////////////////////////////////////////////



メール転載終わり
Posted by ほうがくしょうげん拝 at 2016年06月12日 00:07
本日六月一一日
首相官邸安倍晋三総理https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
ホワイトハウスオバマ大統領https://www.whitehouse.gov/contact#
スプートニク日本プーチン大統領pagehttp://jp.sputniknews.com/japan/20160611/2290444.html
へ送信した拈華微笑仏教聖典メールです。
_________

テーマ「国を治める統治者が守らねばならぬ教え」

拝啓 安倍晋三総理大臣殿/オバマ大統領殿/プーチン大統領殿

統治者が必ず守らなければならぬ無上の尊い教えについて、昨日に続けて仏教聖典から説こう。




 五、この世の中の王を転輪王というが、転輪王とはその家系が正しく、身分が尊くてよく四辺を統御し、また教えを守るところの王である。

 この王のゆくところには、戦いもなく恨みもなく、よく教えによって徳をしき、民を安らかにして邪と悪を下す。



 また転輪王は、殺さず、盗まず、よこしまな愛欲を犯さず、偽り、悪口、二枚舌、むだ口を言わず、貪らず、瞋らず、愚かでない。

この十善を行って民の十悪を去らせる。



 また、教えによって政治を正すから、天下において思いのままになすことができ、

そのゆくところには戦いがなく、恨みもなく、互いに相犯すこともない。

したがって、民は和らぎ、国は安らいで、民にいよいよその生を楽しませることができる。

だから教えを守る王といわれるのである。



 また転輪王は、王の中の王であるから、もろもろの王はみなその徳を喜び、その教えに従って各々その国を治める。



 このように転輪王は、もろもろの王をして各々その国に安んじさせ、正しい教えのもとに王の任を果たさせる。




 六、また王は罪を裁決するにも、慈悲の心をもととしなければならない。

明らかな智慧をもってよく観察し,五つの原則をもってよく処置しなければならない。





 五つの原則というのは、

一つには、実によって不実によらない。

これは、事実を調べて、その事実によって処断することである。



 二つには、時(じ)によって非時(ひじ)によらない。

これは、王に力のあるときが時(じ)であり、力のないときが非時(ひじ)である。

力のあるときは罰しても効果があるが、力のないときには罰しても混乱があるだけであるから、時を待たなければならない。



 三つには、動機によって結果によらない。

これは、罪を犯すものの心に立ち入って、それが故意であるか故意でないかを見きわめ、


故意のことでなければ許すのをいう。



 四つには、親切なことばによってあらいことばによらない。

これは、罪が規則のどれに当たるかを明らかにして罪以上の罰を与えないようにし、

また柔らかい優しいことばで諭してその罪を覚(さと)らせるのをいう。



 五つには、慈悲の心によって瞋(いか)りの心によらない。

罪を憎んで人を憎まず、慈悲の心をもととして、

罪を犯したものにその罪を悔いあらためさせるように仕向けるのである。






 七、もし王の重臣であって国家の大計を思わず、

ただ自分の利ばかりを求め、賄賂を取って政道を曲げ、人民の気風を頽廃させるならば、



人民は互いに相欺くようになり、

強い者は弱い者をしいたげ、貴い者は卑しい者を軽んじ、富んだ者は貧しい者を欺き、



曲がった道理をもって正しいものを曲げることになるから、災いがいよいよ増長するようになる。
 


 すると忠実な重臣は隠れ退き、心あるものも危害を怖れて沈黙し、

ただへつらう者だけが政権をとって、みだりに公権を用いて私腹を肥やし、

民の貧しさは少しも救われないようになる。



 このようになると、政令は行われなくなり、政道はまったくゆるんでしまう。



 このような悪人こそ、民の幸福を奪う盗賊であるから、国家のもっとも大きな悪賊といわなければならない。

なぜなら、上を欺き下を乱して、一国の災いの源となるからである。

王はこのような者を、もっとも厳しく処罰しなければならない。



 また教えによって政治をしく王の国において、

父母の生育の恩を思わず、妻子にだけ心を傾けて父母を養わず、あるいはまた、父母の所有を奪ってその教えに従わないものは、

これをもっとも大きな悪の中に数えなければならない。



 なぜなら、父母の恩はまことに重くて、一生心を尽くして孝養しても、し尽くせないものだからである。

主君に対して忠でなく、親に対して孝でない者は、もっとも重い罪人として処罰しなければならない。



 また教えによって政治をしく王の国の中においては、

仏と教えと教団(仏法僧)の三宝に対して信ずる心がなく、寺を壊し経を焼き、僧侶を捕らえて駆使するなど仏の教えを破る行いをする者は、

もっとも重い罪の者である。



 なぜなら、これらはすべての善行のもとである民の信念を覆すものだからである。

これらの者は、みなすべての善根を焼き尽くして、自ら自分の穴を掘るものである。



 この三種の罪がもっとも重く、したがってもっとも厳しく処罰しなければならない。



その他の罪は、これらに比べると、なお軽いといわなければならない。


つづく

敬具   豊岳正彦



_________________________


   本日六月一一日
首相官邸安倍晋三総理https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
ホワイトハウスオバマ大統領https://www.whitehouse.gov/contact#
スプートニク日本プーチン大統領http://jp.sputniknews.com/politics/20160611/2289784.html
へ送信した拈華微笑仏教聖典メール3です。
_________

テーマ「国を治める統治者が守らねばならぬ教え」

拝啓 プーチン大統領殿/安倍晋三総理大臣殿/オバマ大統領殿

統治者が必ず守らなければならぬ無上の尊い教えについて、続けて仏教聖典から説こう。





仏教聖典_なかま_第二章、生活の指針_第三節、もろ人のために_

長阿含経第二遊行経、華厳経第三四入法界品、金光明経第一二四天王護国品、大薩遮尼けん子所説経




 八、正しい教えを守る王に対して逆らう賊が起こるか、あるいは外国から攻め侵すものがあるときは、

正しい教えの王は三種の思いを持たなければならない。



 それは、第一には、逆賊または外敵は、ただ人を損い人民を虐げることばかりを考えている。

自分は武力をもって民の苦しみを救おう。



 第二には、もし方法があるなら、刃(やいば)を動かさないで、逆賊や外敵を平らげよう。



 第三には、敵をできるだけ生け捕りにして、殺さないようにし、そしてその武力をそごう。

王はこの三つの心を起こして、それから後に部署を定め訓令を与えて戦いにつかせる。



 このようにするとき、兵はおのずから王の威徳をおそれ敬ってよくその恩になずき、



また戦いの性質をさとって王を助け、

そして王の慈悲が後顧の憂いをなくすことを喜びながら、

王の恩に報いるために戦いに従うから、

その戦いはついに勝利を得るだけでなく、

戦いもかえって功徳となるであろう。

(了)


敬具  豊岳正彦


四正勤__仏教聖典(仏教伝道協会出版)

これから起ころうとする悪は、起こらない先に防ぐ。
「悪を予防するFluワクチン皮内接種」

すでに起こった悪は、断ち切る。
「悪を断ちきる断捨離NHK解体廃棄」

これから起ころうとする善は、起こるようにしむける。
「竹箒塵取和顔愛日本語masa-ho@sky.icn-tv.ne.jpフルオープンCCネット口コミ三宝帰依活動」

すでに起こった善は、いよいよ大きくなるように育てる。
「三宝帰依仏心仏法日本国憲法を地球憲法にしましょう」

拈華微笑 


南無釈迦牟尼仏

南無阿弥陀佛




Posted by ほうがくしょうげん拝 at 2016年06月12日 00:23
「竹箒塵取和顔愛日本語CC』四月一九日から転記加筆推敲しました。
__________________

http://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/416.html#c30
・・・
> -----Original Message-----
> From: 豊岳正彦
> Sent: Tuesday, April 19, 2016 10:49 AM
> Subject: Re: LINEで九州の原発近くの知り合いへ流して

社会活動組織体である久昌寺や豊岳小児科はその名称で広く公(おおやけ)に対して告知して営業しているので、個人情報ではありません。

組織名営業主名住所電話番号は、いずれも公(おおやけ)に対して公開された、公開情報です。

公開の場は、電話帳、近隣への看板広告、新聞メディア等「公器への広告」、だけであり、官公庁は決して公(おおやけ)ではなく「公器」でもない。

すなわち日本国憲法第15条によって、一部ではなく全体の福祉への奉仕を義務づけられた公僕公務員組織官公庁への個人情報提供は、

日本国君主勤労納税主権者国民どうしの社会的便宜融通を図るために行う『共同で社会を築く他人への親切』であって、

主権者国民の憲法第3章に保障された「個人の思想生活信条信教の自由」等にもとづく、

勤労納税主権者国民の恣意的裁量行為そのものです。


すなわち、日本国憲法の公僕である政府機関組織に対する『申告』や『報告』や『届け出』は、

もし日本国憲法の君主であり国体である主権者国民に対して、公僕公務員政府がこれを権力を以て強要強制すれば、

いかなる法理をもってしても、政府が日本国憲法最高法規第97〜99条違反そのものです。

日本国刑法でいうなら公人公僕が内乱罪「現行犯」または「現行犯人」です。

そもそも刑法は憲法の下で『犯罪者』を裁くための法律です。

上記で、日本国憲法に違反する『官権弾圧犯罪』を行った犯人は、明らかに『公僕政府機関組織公人』だけですね。

すなわち、繰り返しますが

「公おおやけ」とは日本国憲法の君主であり国体である勤労納税主権者国民が集まって築く、

民衆内の便宜融通君子互助社会そのもののことであって、

憲法最高法規九九条に記す日本国憲法の象徴と公僕『天皇及び摂政、または国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員』が組織する

『公人』公僕政府のことでは、決してない。


_____________________

「個人情報と著作権と風評被害について」

さて新聞記事も紙面で広く公開されたものは誰でも何時どこででも読めるので、

保護されるべき個人情報は削除されてしかるべきであります。

だから、募金を求める個人の銀行口座番号など、

絶対に新聞に載せてならないのは当然ですね。


またテレビや新聞記事の内容は、投書なら投書者本人にだけ著作権があり、

当然投書を投書欄に載せた新聞社や報道記事を書いた記者には、記者が著した小説じゃないんだから、

テレビ局や新聞社にも著作権などかけらもないのです。


*****___________

NHKがそのホームページhttp://www.nhk.or.jp/

「日本放送協会
Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可無く転載することを禁じます。このページは受信料で制作しています。」

と著作権を主張していますが、NHKは総務省の直轄法人であり、その予算を勤労納税主権者国民が治めた税金から受けとる純然たる公僕公務員組織ですから、

NHKの著作権は完全に日本国憲法違反です。

____________*****


さらに、読者投書や、テレビインタビューで著作権者が書いたり話したりした内容に、

テレビ局や新聞社が著作権者の許可や同意なく内容を改変、または意図的に著作権者の真意と異なるよう編集すれば、「著作権侵害」という刑法犯罪です。


ここで著作権を侵害された著作者は、

自分の著作物に変改を加えた報道出版業者に対し、

損害賠償を求めて民事裁判を起こすことができます。


また、著作権侵害は常に金銭的損失を伴うので、刑事告発できます。

告発され起訴された報道出版業者が有罪となれば(現行犯は証拠が明白だから必ず起訴して100%有罪です・・・刑訴法)、

さらに刑事犯罪被害者救済損害補償法に基づいて告訴を行い、

民事訴訟で算定された賠償額にうわのせして、

莫大な刑事犯罪被害者慰謝料を請求できます。

(こちらは屋上屋をかさねる変な法律ですが、現行法ではそうなることになっています。
但し、もともと憲法違反の官僚立法なので違憲立法審査すればこちらは無効となるでしょう。)

_______________________


「風評被害と風説の流布行為について」


テレビ会社や新聞社や出版社、またはネット掲示板等広告業者などの発行業者にあるのは、

報道権または発行発刊権だけです。

ある記事について報道または発行発刊するかしないかは、

報道または発行業者自身の責任ある判断に、すべてかかっています。

要するに、テレビ含むメディアでの報道出版流布行為の有無は、

流布手段のない「ある記事を書いた著作権者」には、何の関わりも責任もないことです。

乃ち、風評被害があれば、風評を自己の裁量に基づきその有する手段によって

流布せしめたメディアに、すべての損害賠償責任があると言うことです。


>日本国憲法

第17条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。
第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
第19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
第20条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
第22条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。
2 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。
国籍法
・・・
第29条 財産権は、これを侵してはならない。
2 財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。
3 私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。
・・・
第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
刑事訴訟法

_______________________


「公人公僕の憲法99条責務」


公務員の公務中は肖像権がなく、

警察手帳の提示や身分証明書の提示(国会議員なら議員バッヂ)を要求されて、

自分の所属管轄を問われたら、

何人に対しても虚偽なく誠実に申告せねばならないという、

公務員法の遵守責務があり、

憲法最高法規第97〜99条また憲法第17条によって、

日本国憲法に合憲の下位法を、

公人公僕公務員は特に厳格に遵守するように規定されています。



公務員や裁判官、国会議員、国務大臣及び総理大臣ではない

日本国君主勤労納税主権者国民には、その勤労による財産形成に当たって

公務員の公務員法遵守責務に均しい、

広告営業主の「おおやけに対する『遵法責務』」があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>日本国憲法
第11条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。
第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
・・・
第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
2 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
労働基準法
3 児童は、これを酷使してはならない。
・・・
第29条 財産権は、これを侵してはならない。
2 財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。
3 私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。
第30条 国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。
・・・
第10章 最高法規

第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

_____________________


「責務」とは、果たさねば『刑罰を科される』すなわち法によって罰せられると言うことです。


日本国憲法君主勤労納税主権者国民の皆さんは皆粛々と、

めいめい自分自身の「おおやけに対する『遵法責務』」を

憲法12条にしたがって『常に公共の福祉のためにこれを』誠実に果たしましょう。



Posted by ほうがくしょうげん拝 at 2016年06月13日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: