2016年04月03日

夏の選挙は本当は参議院選挙だけなのに、安倍さんと天皇(7条解散)のコンビで衆院選の選挙

犬丸勝子イヌマルミツカ

今年の夏は本当は3年ごとの参議院議員選挙があるだけだ。

ところが、ニュースでは参議院と衆議院が同時に選挙を

する同日選挙を安倍、山口(自民公明)内閣が計画中だ

という。

今のところ、野党がダメなので、安倍山口内閣に「NO

と言いたいが、野党にも投票したくないという人が多い

だろう。


すると、投票に行かない人が増える。

その結果、公明党は創価学会の基礎票と自民党は?どこに

基礎票があるのだろう?自民党も神道、仏教、統一教会

ほか新興宗教が基礎票?はっきりしたことはわからないが、

民党、公明党の両党合わせて全国民の有権者の30

パーセント以内の組織票で大勝利を納める計算となる。

国民の70パーセント以上が支持してないにもかかわらず

、選挙制度を悪用した、選挙テクニックでクズ政治家の

大量当選となる。

その結果、消費税の増税が1年先送りされても、その後

、選挙後は「消費税だけではなく大増税」が待っている。

それでも、選挙のときだけのポーズで「消費税の上げ」

はしませんという、目先の言葉だけで国民が投票すると

いう安倍山口内閣の甘い計算。

マスコミもこの両者に近い連中ばかりなので、

「自民公明圧勝」とアナウンスをし続ける。

自民公明の圧勝など本当は誰も望んでいないのに。

更に、今回、同日選挙があった場合「憲法改正」が

待ち受けている。そこに視点をあてると、多くの人は

9条だけを考えることだろう。


しかし、本当は9条改正だけではなく、その他の条文。

戦争できる国にするには、9条改正よりも、政治体制

「統治機構」を変え、戦争中の政治体制を憲法で準備

しなければならない。9条改正だけでは戦争できない。

野党も9条改正には反対だが、その他の改正については

反対を唱えていない。むしろ、自公と同じ改正の立場を

とっている。

とすると与野党そろって、戦争する日本にしようと

している。


戦争する国にするにはどのように憲法を改正

しなければならないかというと、実に簡単、

戦前の帝国憲法にするだけでよいのだ。

自民党の憲法改正案は

その帝国憲法よりも酷い「絶対王制」そのものなのだ。


民主主義?それってな〜に?とクズ政治家達が

当選後は何もできない国民を見下げて、

鼻でせせら笑う。

今年の夏、衆院選をするとしたら、

その前に衆院解散をしなけれ

ばならない。


その解散は「7条」解散ということになる。

解散できるのは「安倍首相にやめろという

不信任案が可決し(69条)、

その国会の可決に基づき、

天皇がその解散を公に知らし

めるために国事行為(7条)で解散と

形式的、儀礼的に行う。


本当は天皇が解散できるわけでもな

く、安倍首相が単独で解散で

きるわけでもなく、国民の代表である

国会議員が国会で「安倍や

めろ」という決議があった時だげ、

解散し選挙ができるのだ。


もしも、夏に衆院選があるとすれば、

国会で安倍やめろ決議が無

いにもかかわらず、

安倍首相が自分に都合が良いときに、

勝手に独断で解散を発し、

それを受けて天皇が7条で解散と国事行為を

行うことで解散と見るわけだ。

すなわち、天皇の国事行為

だけで解散するわけだ。

これは実に間違った安倍天皇コラボ解散。


この安倍勝手解散のような憲法解散を

戦後すぐからずっと行っている。

裁判所はそのときから、

民主主義の根幹に関わる選挙についての

憲法判断をできるのにしない。

本当は天皇の国事行為だけで国会を無視したような

解散をすることは「違憲」と判断すべきなのだ。


この与野党一枚岩で戦争国日本へと突き進む

憲法改正とそれとまつわりつく様々な悪法製造で

昭和の戦前に戻すいわゆる

「帝国憲法」復活で一番喜ぶのは誰なの?













posted by 東京92 at 05:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

安倍打倒はしなくてはいけない。でも、それに対抗する既成野党も振り返るとごめんだね!

犬丸勝子イヌマルミツカ



年明け、政治は「共産党が国会」に出席したことがニュースになったが、他は今年の参院選のマスコミに登場していた人物達が立候補するというお知らせ程度で、これと言ったニュースは無い。

ニュースが無くて、記事が書けないマスコミのために「SMAP」の解散騒動。ふむふむ、マスコミのために一肌脱いであげたのか?

ところで、東京は雪。寒い。まだ、公園のあちこちに白いのが残っている。

こんな日でも、戦争だったらお家で暖かくして、食事して、ゆっくり休もうだなんて、できるわけない。

安倍さんとそれに追随する人たちはみんな、何も食べずに、今外に出て、そこにずっと夜通し立っていたらどう?その環境にどのくらい耐えられるだろうか?おそらく数時間も持たないだろう。

70年前、戦争で、そうやって死んでいった人がどのくらいたくさんいたことだろう。

それにもかかわらず、安倍さん一味ときたら「戦争したい」悲願で、いっぱいのようだ。

そのような悲願を持ち続けるのも、安倍さん達一味は、戦争になっても、「自分たちは絶対につらい立場にならない」と思い込む確固たるものがあるからであろう。

民主主義の良いところは、今、安倍さんのように国家権力を持つ立場の者でも、選挙で国民の票で、安倍さんが落選し、国家権力を失い、ただの平民になって、戦争になったら一民として、死の恐怖の中で生きることになる可能性があるところに醍醐味がある。
にもかかわらず、この国ときたら、民主主義の利点を行使しようとしない。

実に情けない。
だが、その安倍打倒といっても、それに対抗する既成政党がいない。

これまでの与党と野党とで、禍福が交互にやってくるのではなく、与野党一緒になって計画的に禍禍はあざなえる縄のごとしと、国民に災いばかりもたらす。

これではたまったものではない。

なぜ、このようなとんでもない政治体制になったのか。
それは作られた民主主義国家だったからに他ならない。

いや、日本は昭和の太平洋戦争に負けて以来、日本国というものは存在していないのかもしれない。

安倍さんはじめ、日本の政治家はアメリカで紙切れ読み上げてアメリカに約束したことを、国民無視で全力で実行する。

そのためには、野党も茶番劇で応援する。

このような中で、日のいづる国の太陽は時間が進むごとに西へ傾き、日没近くに沈みかけている。

もうこうなったら、この茶番劇を続けながら日没過ぎて、地の底の明かりの無い真っ暗な闇の世界にまで落ちてまでも続ければいい。








posted by 東京92 at 00:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

怪しい来年の参院選選挙の前準備が始まった!某マスコミ系の記者やコメンテーターの行政学者たちの登場には気をつけた方がいい?

犬丸勝子イヌマルミツカ


(↑上の文字をクリックで動画にリンクします)

このことは、すでに岩瀬さんというジャーナリストが宝島や講談社で発表されていた。

そのことを数日前まで知らなかった。

これを知っているマスコミや行政、他の候補者たちは、「泡沫候補」扱いする候補者をに対して、あざけり笑っていたことだろう。
なんと、嫌みでいじめの構造なのだろう。

これが戦後1967年安倍さんの祖父岸信介の弟佐藤栄作のころから始まったという。

またしても、安倍さん関連である。

そこで、打倒安倍を掲げての登場なのか、北海道大学前教授山口氏が「SEALDs」等と一緒に選挙候補者を応援するというニュースが数時間前に登場した。
彼らが応援するその候補者はまず手始めに亡き町村さんの補欠選挙で北海道の社会福祉士の無所属の女性であるという。
この女性無所属だが前回の出馬履歴を見ると「民主党」ではないか。

また、共産党はそのために共産党の候補者を出さないという。

ほほ〜共産党と民主党が山口氏とSEALDsを鎹(かすがい)にして、自民、公明、大阪維新と対抗するつもりなのだろう。

しかし、有識者ともあろう人たちがここまで茶番劇を続けて恥ずかしくないのだろうか。

最近終えた大阪知事、市長選を振り返ってみる。
民主党、自民党、をはじめ共産党、公明もSEALDsもみんな一丸となって、大阪維新の二人と争った。
結果的に、民主も共産党もSEALDsも自民党応援だったことになる。
大阪では、民主党もSEALDsも共産党も自民党と一緒に同じ立場で仲良く選挙運動したにもかかわらず
国政になると、対立するとは、あまりにも茶番劇すぎる。

ばかばかしすぎて「お笑い」芸にもならない。だれも、笑うのを通り越して呆れてしまう。

また、来年の参議院選の前にある鹿児島知事繊はテレビ朝日の久米さんのニュースステーションに登場していた政治部記者の三反園氏が4選目を狙う総務省出身で原発好き好きの伊藤知事(自民系)に対して、市民派が押す対抗馬として出馬するという記事が地元紙のトップに載っているという。
山口氏も三反園氏もどちらも朝日系の人物。

しかも前者の山口氏は民主党系、後者の三反園氏は記者時代安倍さんの父の安倍晋太郎の番記者というようなことが書かれていたのだが。
それが、真実としたら、鹿児島も市民派を装った候補者で中身は独裁支持者の、実は安倍独裁カラーで暗黒の日本へ進めようとしているかのようだ。

そういうと、山口氏サイドは「いや、安倍独裁にしたくないから連立するのだ」と反論するかもしれない。

しかし、大阪のW選の結果を知ってるでしょ?

民主党、自民党、をはじめ共産党、公明もSEALDsもみんな一丸となって、大阪維新一つに負けたのですよ。

それをみると、自民、公明、大阪維新に対して、民主党中心の野党連立が勝つはずないでしょ(そのように大阪のW選で、既に、来年の参議院選のイメージ付けをしている)

しかも、民主党がなぜ人気がないか。全く信用できない政党で、消費税率UPもTPP賛成もマイナンバーも全部日本人が嫌うことを決めたのは民主党ですよ。

みんな覚えてます。

それでも、人気(にんき)のない野党大連立をあくまでも押し通すとしたら、自民、公明、大阪維新の大勝利となってしまう。

おそらくは、この人気のない野党大連立で来年の参議院選を実行しようとするのは、自民、公明、大阪維新に大勝ちさせ、一気に憲法も政治体制も「独裁政治」体制に変えてしまうシナリオでしょう。

w犬丸の14回目のyoutube動画は、1967年から始まった新聞社と行政の共謀により、そのときからの勢力を維持するために、その勢力にとって不都合な候補者達を、あえて記事にせず、名前だけしか新聞に書かないで、ほとんどの人が知らない状態かあるいは当選しない候補者扱いて泡沫候補というイメージをつけて、当選させないように共謀してきたということをしゃべっています。

そのときの新聞社と行政の共謀は今も続いている。
(本来、裁判がしっかりしていたらこんなことが許されるはずがない)

しかも、マスコミの中で一番、自民党を攻撃しているように表向きは見えるが、実は、この1967年安倍さんの祖父の弟佐藤栄作に最も協力したのは「朝日」だったようだ。

Wikipediaには「泡沫候補」閉め出しに最も力を入れたのは「朝日」とあった。

その朝日のテレビ番組に出演していた、山口氏と三反園氏がそろって選挙に関わっている。

Wikipediaに書かれていることが真実としら、


マスコミが取り上げる人は、全員仲間でグルということになる。
表向きは対立していても、裏では皆仲間ということになる。

日本人は本当に危険な所にきている。

なんとかならないものだろうか。

霊魂達よ応援してください。悪魔にやられっぱなしは嫌です。






posted by 東京92 at 04:01| Comment(9) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする