2016年05月15日

公立学校のトイレ利用「本人が認識する性で」、オバマ政権が通達というニュース〜全く迷惑なことだ。

犬丸勝子イヌマルミツカ

オバマ米政権は13日、米国内の公立学校に対し、体と心の性が一致しないトランスジェンダーの人々が自身の認識する性と一致するトイレを使うことを認めるように求める指針を通達した。

今、移動中で高速道路のサービスエリアのトイレの前でこの記事を見た。
そして思うこと。
いつもはすべてが男なのに、このトイレに「今だけ女」という、誰が見ても男が、女性トイレに入る。
「本人が認識する性で」とは、そういうことでしょ!

こんなことを大統領が通達することだろうか。

そもそも気づくと少数の希少性のある問題を取り上げては、その問題を解決するためにと、多数者に犠牲を強いる。希少性のある人を普通の人の上に位置づける。

まるで、普通の多数者は価値がなく、希少性のある人物のほうが価値があるかのように、多数者の上位に持ち上げる。

この考え方だと、普通の多数者の人権は低く、希少性のある人物の人権は高い地位に置かれることになる。
結果的に、普通の人が国家権力によって、人権を奪われ苦しめられる。

このような現象は今日の日本に置いても同様で、人権という名の下に多くの普通の人の人権が低く見られ、特殊なハンディキャップを有する人の下に置かれている。

例えば、もうすぐやってくる参議院議員選挙の候補者選びでも、既成政党が選ぶ目玉は、普通の人ではなく、「希少性のあるハンディキャップを売り物にするメディア関係者」である。

知らず知らずのうちに、多くの普通の人々は、希少性のあるハンディキャップを有する人の劣後に置かれてしまった。

このような希少性のあるハンディキャップを有する人のために、普通の人を犠牲にするやり方は「正しい人権」とは言えない。

オバマ大統領は「性同一性」というきわめて希少性のあるデリケートな問題では、まるで素晴らしい人権の人のように教書を送った。

しかし、オバマ政権のときに起きたシリア問題では、戦いをやめない。

大統領という地位にいても、「すべてが正しいことを行う」わけではない。

ところでこのようなことをアメリカがすると、「はいはい、日本もします」と全く躊躇無く日本の政治家や知識人を装う変人や、目立ちたがりやの学者、研究者などがいるから困るのだ。
このように公立学校のトイレを普通の人にとっては「安心の無い、恐怖の場所」にしてしまう大統領の教書は「普通の人が国家権力によって人権を奪われ」苦しめられる結果となる。


もうすぐ大統領の任期が切れ、普通の人になる日が近いオバマ氏の普通の多くの人たちへの嫌がらせの置き土産なのか、それとも
アメリカにはお金がないから、公立学校のトイレを「性同一性」の人の人権問題のように見せかけて、私立学校に行かせるように、実は、公的費用を使う公立学校を少しでも減らすための方策なのか。

何れにしても、人権の名の下に多くの普通の人が困ることをするのは許されないのではないだろうか。


posted by 東京92 at 00:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

夏の選挙は本当は参議院選挙だけなのに、安倍さんと天皇(7条解散)のコンビで衆院選の選挙

犬丸勝子イヌマルミツカ

今年の夏は本当は3年ごとの参議院議員選挙があるだけだ。

ところが、ニュースでは参議院と衆議院が同時に選挙を

する同日選挙を安倍、山口(自民公明)内閣が計画中だ

という。

今のところ、野党がダメなので、安倍山口内閣に「NO

と言いたいが、野党にも投票したくないという人が多い

だろう。


すると、投票に行かない人が増える。

その結果、公明党は創価学会の基礎票と自民党は?どこに

基礎票があるのだろう?自民党も神道、仏教、統一教会

ほか新興宗教が基礎票?はっきりしたことはわからないが、

民党、公明党の両党合わせて全国民の有権者の30

パーセント以内の組織票で大勝利を納める計算となる。

国民の70パーセント以上が支持してないにもかかわらず

、選挙制度を悪用した、選挙テクニックでクズ政治家の

大量当選となる。

その結果、消費税の増税が1年先送りされても、その後

、選挙後は「消費税だけではなく大増税」が待っている。

それでも、選挙のときだけのポーズで「消費税の上げ」

はしませんという、目先の言葉だけで国民が投票すると

いう安倍山口内閣の甘い計算。

マスコミもこの両者に近い連中ばかりなので、

「自民公明圧勝」とアナウンスをし続ける。

自民公明の圧勝など本当は誰も望んでいないのに。

更に、今回、同日選挙があった場合「憲法改正」が

待ち受けている。そこに視点をあてると、多くの人は

9条だけを考えることだろう。


しかし、本当は9条改正だけではなく、その他の条文。

戦争できる国にするには、9条改正よりも、政治体制

「統治機構」を変え、戦争中の政治体制を憲法で準備

しなければならない。9条改正だけでは戦争できない。

野党も9条改正には反対だが、その他の改正については

反対を唱えていない。むしろ、自公と同じ改正の立場を

とっている。

とすると与野党そろって、戦争する日本にしようと

している。


戦争する国にするにはどのように憲法を改正

しなければならないかというと、実に簡単、

戦前の帝国憲法にするだけでよいのだ。

自民党の憲法改正案は

その帝国憲法よりも酷い「絶対王制」そのものなのだ。


民主主義?それってな〜に?とクズ政治家達が

当選後は何もできない国民を見下げて、

鼻でせせら笑う。

今年の夏、衆院選をするとしたら、

その前に衆院解散をしなけれ

ばならない。


その解散は「7条」解散ということになる。

解散できるのは「安倍首相にやめろという

不信任案が可決し(69条)、

その国会の可決に基づき、

天皇がその解散を公に知らし

めるために国事行為(7条)で解散と

形式的、儀礼的に行う。


本当は天皇が解散できるわけでもな

く、安倍首相が単独で解散で

きるわけでもなく、国民の代表である

国会議員が国会で「安倍や

めろ」という決議があった時だげ、

解散し選挙ができるのだ。


もしも、夏に衆院選があるとすれば、

国会で安倍やめろ決議が無

いにもかかわらず、

安倍首相が自分に都合が良いときに、

勝手に独断で解散を発し、

それを受けて天皇が7条で解散と国事行為を

行うことで解散と見るわけだ。

すなわち、天皇の国事行為

だけで解散するわけだ。

これは実に間違った安倍天皇コラボ解散。


この安倍勝手解散のような憲法解散を

戦後すぐからずっと行っている。

裁判所はそのときから、

民主主義の根幹に関わる選挙についての

憲法判断をできるのにしない。

本当は天皇の国事行為だけで国会を無視したような

解散をすることは「違憲」と判断すべきなのだ。


この与野党一枚岩で戦争国日本へと突き進む

憲法改正とそれとまつわりつく様々な悪法製造で

昭和の戦前に戻すいわゆる

「帝国憲法」復活で一番喜ぶのは誰なの?













posted by 東京92 at 05:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

安倍打倒はしなくてはいけない。でも、それに対抗する既成野党も振り返るとごめんだね!

犬丸勝子イヌマルミツカ



年明け、政治は「共産党が国会」に出席したことがニュースになったが、他は今年の参院選のマスコミに登場していた人物達が立候補するというお知らせ程度で、これと言ったニュースは無い。

ニュースが無くて、記事が書けないマスコミのために「SMAP」の解散騒動。ふむふむ、マスコミのために一肌脱いであげたのか?

ところで、東京は雪。寒い。まだ、公園のあちこちに白いのが残っている。

こんな日でも、戦争だったらお家で暖かくして、食事して、ゆっくり休もうだなんて、できるわけない。

安倍さんとそれに追随する人たちはみんな、何も食べずに、今外に出て、そこにずっと夜通し立っていたらどう?その環境にどのくらい耐えられるだろうか?おそらく数時間も持たないだろう。

70年前、戦争で、そうやって死んでいった人がどのくらいたくさんいたことだろう。

それにもかかわらず、安倍さん一味ときたら「戦争したい」悲願で、いっぱいのようだ。

そのような悲願を持ち続けるのも、安倍さん達一味は、戦争になっても、「自分たちは絶対につらい立場にならない」と思い込む確固たるものがあるからであろう。

民主主義の良いところは、今、安倍さんのように国家権力を持つ立場の者でも、選挙で国民の票で、安倍さんが落選し、国家権力を失い、ただの平民になって、戦争になったら一民として、死の恐怖の中で生きることになる可能性があるところに醍醐味がある。
にもかかわらず、この国ときたら、民主主義の利点を行使しようとしない。

実に情けない。
だが、その安倍打倒といっても、それに対抗する既成政党がいない。

これまでの与党と野党とで、禍福が交互にやってくるのではなく、与野党一緒になって計画的に禍禍はあざなえる縄のごとしと、国民に災いばかりもたらす。

これではたまったものではない。

なぜ、このようなとんでもない政治体制になったのか。
それは作られた民主主義国家だったからに他ならない。

いや、日本は昭和の太平洋戦争に負けて以来、日本国というものは存在していないのかもしれない。

安倍さんはじめ、日本の政治家はアメリカで紙切れ読み上げてアメリカに約束したことを、国民無視で全力で実行する。

そのためには、野党も茶番劇で応援する。

このような中で、日のいづる国の太陽は時間が進むごとに西へ傾き、日没近くに沈みかけている。

もうこうなったら、この茶番劇を続けながら日没過ぎて、地の底の明かりの無い真っ暗な闇の世界にまで落ちてまでも続ければいい。








posted by 東京92 at 00:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする